VINTAGE CLOTHES BLOG

~ヴィンテージを気ままにご紹介するブログ~

305 新発見!! デッドストック リーバイス501XX ギャラ入 紙パッチ 最初期タイプ 50's levis

紙パッチに『ALL COTTON』スタンプ。

ほぼ見かけることがありません。

紙パッチギャラ入でも『ALL COTTON』のスタンプが入ったのと入らないのがあります。

大半は入っていないタイプです。

f:id:hanakichi116:20190321011646j:image

 

 

ギャラ入革パッチ両面タブ期とギャラ入紙パッチ期の間(1954年〜1955年頃)の短い期間に作られた貴重な1950年代のフラッシャー。

※様々なリーバイスの特集雑誌を読み漁っても今のところ見たことがないです。

f:id:hanakichi116:20190321014541j:image

 

 

年代順のフラッシャーに上の写真のフラッシャーはどこにも当てはまりません。

大変貴重なフラッシャー。

f:id:hanakichi116:20190321014507j:image

 

 

『FOR OVER 85 YEARS』

革パッチ両面タブ期に多くつけられていたギャランティーチケット。

※紙ではなくオイルクロスです。

501XX紙パッチギャラ入は『FOR OVER 100 YEARS』。

※調べたところ紙パッチギャラ入にも『FOR OVER 85 YEARS』はあるようですが、大半は『FOR OVER 100 YEARS』。

f:id:hanakichi116:20190321014958j:image

 

 

センターループオフセット。

※革パッチ両面期でも最終期はセンターループオフセットもあるようです。

f:id:hanakichi116:20190321005715j:image

f:id:hanakichi116:20190321005832j:image

 

 

カンヌキなし。

f:id:hanakichi116:20190321005906j:image

 

 

ギャラ入紙パッチとは違うディテールのリベット。

ピッカピカです。

f:id:hanakichi116:20190321005929j:image

 

 

コインポケット裏『シングルステッチ』。

f:id:hanakichi116:20190321010445j:image

 

 

アーキュエイトステッチ『幅広イエロー綿糸』。

f:id:hanakichi116:20190321010558j:image

 

 

中央部分の凹凸がはっきりしている。

ギャラ入紙パッチ期は中央部分がもっとフラットです。

f:id:hanakichi116:20190321010700j:image

 

この時期、革パッチ両面期とギャラ入紙パッチ期のディテールが混在している。

※下記写真参照。

 

1947年頃〜 革パッチ両面タブ期 中央部分の凹凸はっきり。

1955年頃〜 紙パッチギャラ入期 中央部分の凹凸がフラット。

f:id:hanakichi116:20190321234718j:image

 

 

1953年〜1954年のリーバイス501XX革パッチと同じディテール(足長Rではない)

稀に革パッチ両面期1953年〜1954年の2年間しか無いフライボタンがギャラ入紙パッチ期に付いていることもあるようです。

f:id:hanakichi116:20190321010955j:image

 

本来ならば、一番右の写真のように足長『R』なのに、1953〜'54年のほうを使用。

f:id:hanakichi116:20190321235220j:image

 

 

トップボタン裏『無刻印』、フロントVステッチ。

f:id:hanakichi116:20190321011256j:image

 

 

銅リベット

磁石にくっ付いたので、鉄製銅メッキと判明。

くっ付かないタイプは銅製なので革パッチ両面期以前となります。

※これも混在期はある為、一概に言えない事もあります。

f:id:hanakichi116:20190321011439j:image

 

 

隠しリベット 『15』刻印

※上記同様。

デッドストックなので、ピッカピカです。

f:id:hanakichi116:20190321235831j:image

 

 

フロントポケット内に『699-25』

この数字は何でしょうか?

気になりますが全くわかりません。

f:id:hanakichi116:20190321011602j:image

 

 

遂に念願のリーバイス501XXギャラ入デッドストックを発掘いたしました。

 

よくよくディテールを確認すると、ギャラ入紙パッチなのにフラッシャーやトップボタン、ボタンフライ等がそれ以前のディテールと判明しました。

 

ディテールのご紹介

・紙パッチギャラ入 『ALL COTTON』記載あり

・貴重なフラッシャー 

※革パッチ両面タブ期と紙パッチ期の間のフラッシャー。

・ギャランティーチケット『FOR OVER 85 YEARS』

※革パッチ両面タブ期と同様。

・トップボタン表

※革パッチ両面タブ期と同様。

・トップボタン裏『無刻印』 

・センターループオフセット。

・ボタンフライ通常『R』

※革パッチ両面タブ期と同様

・フロント&ウエスト上部『シングルステッチ』

・イエロー綿糸アーキュエイトステッチ

・赤タブ ビッグE 『均等V』

・股下 カンヌキナシ

・赤耳

・バックポケット裏『シングルステッチ』

 

 

紙パッチに『ALL COTTON』が入っているものは本当に見かけません。

ギャラ入紙パッチ期の紙パッチは直ぐに硬化して跡形も無くほとんどが消えていくため本当は『ALL COTTON』表記は全てに入っていたのでしょうか?

しかし、調べてみると、ギャラなし紙パッチのデッドストックには、100%COTTON表記は無いのに、今回の様な『ALL COTTON』の表記もありません。

何故、ギャラ入紙パッチ期のある個体だけに『ALL COTTON』表記を入れたのか、真相を確かめたいです。

 

 

 

最後に、生地感ですが、66モデル前期のデッドストックと比べてみると厚みとザラつき感が違いました。

 

 

圧倒的な丈夫さを感じます。

 

 

 

紙パッチギャラ入のディテールではなく革パッチ両面タブ期に近いディテールなので、、、

 

勝手に名付けます。

 

『501XXギャラ入紙パッチ最初期タイプ』

 

1954年〜1955年頃、紙パッチギャラ入を製造する際、以前のモデルボタンが残っていたので使用したのではないでしょうか。

 

ギャラ入革パッチからギャラ入紙パッチ移行期で間違いなさそうです。

 

近いうちにもう一つの紙パッチギャラ入と比較しようと思っていますのでお楽しみに。

f:id:hanakichi116:20190321073313j:image

 

【本日のBGM】

チャーリー・パーカー・ストーリー・オン・ダイアル Vol.1

チャーリー・パーカー・ストーリー・オン・ダイアル Vol.1