VINTAGE CLOTHES BLOG

~ヴィンテージを気ままにご紹介するブログ~

163 ビンテージ アノラックパーカー 60's ノルウェー製

f:id:hanakichi116:20180921224633j:image

f:id:hanakichi116:20180921223752j:image

f:id:hanakichi116:20180921223840j:image

f:id:hanakichi116:20180921223915j:image

f:id:hanakichi116:20180921224010j:image

f:id:hanakichi116:20180921224056j:image

f:id:hanakichi116:20180921224222j:image

f:id:hanakichi116:20180921224441j:image

f:id:hanakichi116:20180921232121j:image

f:id:hanakichi116:20180921224721j:image

f:id:hanakichi116:20180921225028j:image

f:id:hanakichi116:20180922021447j:image

f:id:hanakichi116:20180922022003j:image

 

今回、ご紹介したいビンテージ は『60年代のノルウェー製アノラックパーカー』です。

 

 

ほぼデッドストック。

 

色褪せ、シミ、傷、穴、解れなく着用感もありません。

 

アノラックパーカーが今年はマイブームなのですが、今年1番気に入ったアノラックパーカーになりそうです。

 

さらに、細かいディテールを見てみます。

先ずはジッパーです。

f:id:hanakichi116:20180921224441j:image

首元のジッパーもポケットのジッパーも『MASTAD』でした。

 

もし、タグが欠損していたとしてもこのジッパーを見るだけでヨーロッパ物とわかります。

 

このアノラックパーカーの面白いところが、タグの付いている場所です。

 

後ろ首元ではなく、前ポケット裏に付いています。この辺の普通とは違うところも◎

 

【生地について】

テトロンとは

ポリエステル繊維の一種です。

テトロンは東レとテイジンが開発した製品であり、この2社が製造したものがテトロンと呼ばれます。テトロンではなく、テトロン®︎というわけです。

テイジン、東レ(とうれ)が開発したナイロンで“テトロン”という名称だそうです。

 

原料

テトロンはポリエステルを原料に製造されています。
ポリエステルといえば、衣類に使用されることが多い原料です。弾力がありつつも、耐久性などもある原料です。

 

特性

テトロンの特性はその強度と安定性にあります。

テトロンはポリエステルの長所でもある耐久性や耐摩耗性など、長年の使用などに耐えうる強度と安定性を備えています。また、弾力性の高く収縮し辛いという点も特性です。

これらの特性があって、テトロン糸は長年に渡って使用することが可能なんです。

 

調べていくと、ノルウェー製ですが、原料のテトロンはまさかの日本製でした。

 

里帰りした感じですね。

 

【予告】

次回、ビンテージ スウェットをご紹介したいと思います。

お楽しみに。

 

【本日のBGM】

ほめごろシリーズ

ほめごろシリーズ