VINTAGE CLOTHES BLOG

~ヴィンテージを気ままにご紹介するブログ~

162 新発見!! 第6回 徹底比較シリーズ 66モデル 前期

f:id:hanakichi116:20180920232511j:image

今回、好評の徹底比較シリーズの『66モデル前期』をご紹介したいと思います。

 

ご紹介の66モデル前期は以下の通りです。

・66モデル前期ビッグE

・66モデル前期初期タイプ

・66モデル前期後期タイプ

 

【3つのタイプの見極め方法】

〈66モデル前期ビッグE〉

・赤タブの刺繍の『リーバイス』のアルファベットがビッグE

・スレーキスタンプ(内側フロントポケットにスタンプ)

・内タグ無し

f:id:hanakichi116:20180920224415j:image

 

〈66モデル前期初期タイプ〉

・赤タブ スモールe

・スレーキスタンプ刻印(内側フロントポケットにスタンプ)

・内タグ無し

f:id:hanakichi116:20180920224450j:image

〈66モデル前期後期タイプ〉

・赤タブ スモールe

・スレーキスタンプ無し

・内タグあり 8%表記

f:id:hanakichi116:20180920224525j:image

 

【紙パッチ】

f:id:hanakichi116:20180920222353j:image

残念ながら66モデル前期ビッグEの紙パッチが無い為、比較は66モデル前期初期タイプと66モデル前期後期タイプです。

1つだけ比べると違いがありました。

 

左の馬の下の文字66モデル前期初期タイプは『PATENTED』のみ。

66モデル前期後期タイプは『PATENTED IN U.S.』表記。

 

おそらく66モデル前期ビッグEも初期タイプ同様、『PATENTED』のみだと思います。

 

【トップボタン表】

66モデル前期ビッグE

f:id:hanakichi116:20180920225013j:image

 

66モデル前期初期タイプ

f:id:hanakichi116:20180920225137j:image

 

66モデル前期後期タイプ

f:id:hanakichi116:20180920225216j:image

 

66モデル前期ビッグEと66モデル前期初期タイプは『A』と『U』がくっ付いていますが、66モデル前期後期タイプは『A』と『U』が離れています。

また、真ん中の凹凸が66モデル前期ビッグEと66モデル前期初期タイプは角ばっていますが、66モデル前期後期タイプは緩やかな山なりになっています。

 

この違いはあまり知られていないかもしれません。

 

実はアウトシームの比較もしたかったのですが、所有している66モデル前期初期タイプのディテールが通常より特殊(大珍品)な為、比較にならないので、今回はこれで終了とします。

 

【余談】

これまで雑誌等で紙パッチが無くなっても次の判別方法で66モデル前期とビッグEが分かると記述されてきました。

f:id:hanakichi116:20180920230633j:image

しかしながら、そうでもない66モデル前期初期タイプが最近発見されました。

※ブログNo.141に詳細記載しております。

よろしければご覧ください。

 

66モデル前期初期タイプのスモールeでもアウトシームがシングル×シングルがあるということです。

 

しかも色合いもビッグEと同じです。

 

66モデル前期は本当に色々なディテールがあり、楽しませてくれます。

ちなみにブログNo.4の66モデル前期は初期タイプでもないのにかかわらず、足長Rでした。

よろしければご覧ください。

 

【最後に】

今回比較して、トップボタン表が実は66モデル前期初期タイプと66モデル前期後期タイプで違うことがわかりました。

これはどこの雑誌にも載っていないので新たな発見かもしれません。

これから更にリーバイスビンテージデニムを比較していきますので、楽しみにしてください。

 

 

【本日のBGM】

Grandma Is Still Alive

Grandma Is Still Alive