VINTAGE CLOTHES BLOG

~ヴィンテージを気ままにご紹介するブログ~

296 デッドストック リーバイス501 66モデル 前期

ギャランティーチケットとフラッシャー

f:id:hanakichi116:20190308203221j:image

紙パッチ

f:id:hanakichi116:20190308201109j:image

f:id:hanakichi116:20190308200243j:image

f:id:hanakichi116:20190308201220j:image

f:id:hanakichi116:20190308201232j:image

f:id:hanakichi116:20190308201246j:image

コインポケット両サイドイエロー綿糸

f:id:hanakichi116:20190308201258j:image

収縮率8% 66モデル確定

f:id:hanakichi116:20190308201307j:image

1975年6月製造 トップボタン裏『6』

f:id:hanakichi116:20190308201318j:image

トップボタン裏『6』

f:id:hanakichi116:20190308201329j:image 

赤タブスモール『e』

f:id:hanakichi116:20190308201356j:image

フロント裏イエロー綿糸

f:id:hanakichi116:20190308201522j:image

赤耳

f:id:hanakichi116:20190308201802j:image

今回ご紹介するのは、デッドストックのリーバイス50166モデル前期オリジナルです。

 

やはり、色合いが赤耳デッドストックと比較しても紺色の濃さが違います。

 

天然のインディゴと人工では歴然の違いがあります。

 

久しぶりにデッドストックを触りましたが、良いですね〜

 

では、ディテールを。

 

・フラッシャーとギャランティーチケット (1966記載) ここから66モデルと言われるようになったそうです。

・内タグ 8%

・バックポケット裏『シングルステッチ』

・トップボタン裏『6』

・赤耳

・コインポケット両サイドイエロー綿糸

 

これから先、特に値段が高騰していくのは66モデル前期以前だろうと勝手に予測しています。

やはり66モデル後期以降と色合い、色落ち、生地感、などなど全く違い、断然66モデル前期が勝ります。

 

勝手な主観ではありますが、、、

 

また、なにかのタイミングでデッドストックを発掘したらご紹介したいと思います。

 

【本日のBGM】

新宝島

新宝島