1691 ラッセルアスレチック ビンテージスウェット タグ 考察

f:id:hanakichi116:20240202224713j:image

ラッセルアスレチックはリバースウィーブを収集する前から大好きで集めていました。

 

コツコツと写真も撮り溜めており、今回ようやくほぼ全ての年代のものをご紹介できると思いこのような企画をしてみました。

 

年代は全て確実とまではいきませんが参考程度にご覧いただけると幸いです。

 

それではどうぞ。

 

f:id:hanakichi116:20240201215811j:image

f:id:hanakichi116:20240202225247j:image

ラッセルアスレチック社のスウェットの中で1番古いタグがこちら↑

 

1番古いタグは100%コットンです。

 

通称『サイズタグ』前期タイプ。

 

年代は1950年代〜1968年まで。

※アメリカの消防法改正の為、100%コットンは消滅。

 

【独り言】

『ラッセルアスレチック タグ 年代』と検索かけると、こちらのタグはアメリカ軍へ支給していた頃のタグだと記事にしているサイトをよく見かけますが、実際にラッセルアスレチックものを収集しているとアメリカ軍へ支給したものではないもの(カレッジもの)も多く存在する事が分かりました。

 

それがこちら↓

f:id:hanakichi116:20240201221219j:image
f:id:hanakichi116:20240201221242j:image

どう見てもカレッジもの。

 


f:id:hanakichi116:20240201221234j:image
f:id:hanakichi116:20240201221230j:image

こちらも。

 


f:id:hanakichi116:20240201221225j:image
f:id:hanakichi116:20240201221250j:image

さらにこちらも。

 

f:id:hanakichi116:20240201222229j:image
f:id:hanakichi116:20240201222225j:image

最後にこちらも。

 

どれもリブが長いのも古いタグの特徴。

 

ちなみにアメリカ軍ものはこちら↓

f:id:hanakichi116:20240201223357j:image
f:id:hanakichi116:20240201223405j:image

 

 

 

次のタグはこちら↓

f:id:hanakichi116:20240201222537j:image
年代は1968年〜1973年の6年間のみのタグ。

 

生地配合率が1968年から87 1/2%コットン、12 1/2%に変更。

 

こちらもタグは変わらずラッセルアスレチックの文字は無くWLP7232のみ。

 

タグは通称『サイズタグ』後期タイプ。

 

もちろんこの時期もアメリカ軍に支給もしていましたが、カレッジものも並行して製造していました。

 

それがこちら↓

f:id:hanakichi116:20240201222533j:image

 

f:id:hanakichi116:20240201224226j:image

f:id:hanakichi116:20240201225511j:image

 

リブは短め。

 

ちなみにアメリカ軍支給ものはこちら↓

f:id:hanakichi116:20240201223352j:image

リブの長さからおそらく87 1/2%コットンもの。
f:id:hanakichi116:20240201223347j:image

1973年起工。

ナッソー (USS Nassau, LHA-4) はアメリカ海軍の揚陸艦。

 

こちらもリブ短め。

 

次のタグはこちら↓

f:id:hanakichi116:20240201224452j:image

遂にここからラッセルのロゴと『RUSSELL』の文字がタグに入ります。

※未だ『RUSSELL ATHLETIC』はプリントされていません。

 

年代は1974年の1年間未満のみの超希少タグ。

 

通称『金タグ』最初期タイプ。

 

生地配合率はサイズタグ後期タイプから変わらず87 1/2%コットン 12 1/2%ポリエステル。


f:id:hanakichi116:20240201224445j:image

生地感も良く素晴らしいビンテージスウェットです。

 

正直、希少性という観点ではサイズタグよりも高いです。

 

そして次のタグはこちら↓

f:id:hanakichi116:20240201230139j:image

タグは通称『金タグ』初期タイプ。

 

ここで初めて『RUSSELL ATHLETIC』と上段に入ります。

 

初期タイプは中段に『RUSSELL MILLS INC.』のプリント。

 

f:id:hanakichi116:20240201230145j:image

 

生地配合率

87 1/2%コットン

12 1/2%ポリエステル

 

年代は1975年〜
f:id:hanakichi116:20240201230154j:image

未だ生地感はモチモチ肉厚生地。

 

その他金タグ初期タイプはこちら↓

f:id:hanakichi116:20240201231839j:image
f:id:hanakichi116:20240201231847j:image
f:id:hanakichi116:20240201231809j:image

次はこちら↓
f:id:hanakichi116:20240201231817j:image

 

グレーボディなのでカラーボディとチャンピオン同様生地配合率は違います。
f:id:hanakichi116:20240201231800j:image

裏を見ると生地配合率は

75%コットン

15%ポリエステル

10%レーヨン

 

これはグレーボディなのでこの生地配合率なのかこれが時期的なものなのか比較対象がないのではっきりはわかりませんが、このような配合率も存在します。

 

こちらも年代は1974年〜とします。


f:id:hanakichi116:20240201231830j:image

 

続いてこちら↓

f:id:hanakichi116:20240201232837j:image

タグは通称『金タグ』初期タイプですが、

 


f:id:hanakichi116:20240201232853j:image

裏の生地配合率はこれまでと変わり

50%コットン

50%ポリエステル

に変更します。


f:id:hanakichi116:20240201232846j:image

 

おそらくコットン率が高いほど古いと推測するのでこちらは1976年からでしょうか。

 

続いてこちら↓

f:id:hanakichi116:20240201234604j:image

同じくタグは通称『金タグ』初期タイプ。

 

ですが


f:id:hanakichi116:20240201234610j:image

裏を見ると生地配合率は

44%コットン

44%ポリエステル

12%レーヨン

 

金タグ初期タイプで既にコットンとポリエステルの配合率は1対1に。

 


f:id:hanakichi116:20240201234617j:image

おそらくグレーボディのみの生地配合率。

 

 

 

こちらも同じく。
f:id:hanakichi116:20240201231755j:image

 


f:id:hanakichi116:20240201231855j:image

 


f:id:hanakichi116:20240201231825j:image

 

次のタグは↓

f:id:hanakichi116:20240201235146j:image

タグは通称『金タグ』中期タイプ。

 

ここから中段の『RUSSELL MILLS INC.』から『RUSSELL CORP.』へ変更。

 

年代は1977年〜。

 

 

f:id:hanakichi116:20240202000124j:image

タグは通称『金タグ』後期タイプ。

 

四角い枠が無くなり、ロゴ上に『Russell Athletic』とプリントされる。

 

年代は1978年〜1984年位。


f:id:hanakichi116:20240202000129j:image

生地配合率

グレーボディ以外は50%コットン50%ポリエステルに。

 

また、タグ裏に『MADE IN USA』が入るタイプと入らないタイプが出てきます。

 


f:id:hanakichi116:20240202000118j:image

 

こちらが金タグ後期タイプのグレーボディ。

f:id:hanakichi116:20240202000736j:image

 


f:id:hanakichi116:20240202000727j:image

グレーボディの生地配合率

50%ポリエステル

38%コットン

12%レーヨン

 

遂に生地配合率がコットンよりもポリエステルの方が多くなる。

 


f:id:hanakichi116:20240202000733j:image

 

『MADE IN USA』が入る金タグ後期タイプがこちら↓

f:id:hanakichi116:20240202001034j:image

 


f:id:hanakichi116:20240202001023j:image

生地配合率

44%コットン

44%ポリエステル

12%レーヨン

 

考察しながら気付いたのですが、この生地配合率は金タグ初期タイプにも存在することからこちらのタグは金タグ後期タイプの中で初期タイプからの過渡期タイプかもしれません。

 

MADE IN USAも入ります。


f:id:hanakichi116:20240202001028j:image

年代は1978年〜1984年位。

 

同じく

f:id:hanakichi116:20240202002339j:image

この頃からタグ自体の生地もポリエステルに変更します。


f:id:hanakichi116:20240202002347j:image

こちらもMADE IN USAが入ります。

 

やはり生地配合率は金タグ初期タイプ同様。


f:id:hanakichi116:20240202002355j:image

 

そもそも金タグ後期タイプの裏デザインも生地配合率によって違います。

 


f:id:hanakichi116:20240202001720j:image


f:id:hanakichi116:20240202001713j:image


f:id:hanakichi116:20240202001706j:image

レアな金タグのダブルフェイス。

 

ポケットに年代が入っています。

 

続いてこちら

f:id:hanakichi116:20240202004057j:image

金タグではなくなりロゴはトリコプリントタグへ変更。

 

MADE IN USAも表に。


f:id:hanakichi116:20240202004017j:image

グレーボディの生地配合率

44%ポリエステル

43%コットン

13%レーヨン

に変更。

 

金タグ後期タイプは一度配合率38%コットンまで減りますが、ここで配合率43%コットンまで復活します。

 

何かしらの指摘があったのでしょうか。


f:id:hanakichi116:20240202004009j:image

年代は1985年〜1980年代後半まで。

 

 

こちらも同じく。
f:id:hanakichi116:20240202004032j:image

 


f:id:hanakichi116:20240202004039j:image

 


f:id:hanakichi116:20240202004048j:image

 


f:id:hanakichi116:20240202004024j:image

 

こちらはネイビーボディ。

f:id:hanakichi116:20240202005009j:image

 


f:id:hanakichi116:20240202004958j:image

グレーボディ以外の生地配合率

50%コットン50%ポリエステル

 

金タグから生地配合率は変わらず。


f:id:hanakichi116:20240202005003j:image

 

稀に

f:id:hanakichi116:20240202004707j:image

タグにMADE IN USAの入らないトリコプリントタグも存在します。

 


f:id:hanakichi116:20240202004652j:image

生地配合率

50%コットン50%ポリエステル

 


f:id:hanakichi116:20240202004715j:image

 


f:id:hanakichi116:20240202004700j:image

ダブルフェイス。

 

最後に

f:id:hanakichi116:20240202005325j:image

タグは通称『トリコ刺繍タグ』。

 

年代は1990年代前半〜1990年代半ばまで。


f:id:hanakichi116:20240202005331j:image

生地配合率

57%ポリエステル43%コットン

 

トリコプリントタグ期のグレーボディまでレーヨンが入っていましたが刺繍タグからはレーヨンは無くなり、ポリエステル率が更に高くなります。

 


f:id:hanakichi116:20240202005319j:image

 

こちらも同じく↓

f:id:hanakichi116:20240202010523j:image

 


f:id:hanakichi116:20240202010507j:image

 


f:id:hanakichi116:20240202010515j:image

 

稀に

f:id:hanakichi116:20240202010419j:image


f:id:hanakichi116:20240202010359j:image

グレーボディでも生地配合率

50%コットン50%ポリエステル

も存在します。


f:id:hanakichi116:20240202010412j:image


f:id:hanakichi116:20240202010406j:image

 

ボルドーカラーボディ

f:id:hanakichi116:20240202010713j:image

 


f:id:hanakichi116:20240202010739j:image

グレーボディ以外の生地配合率

50%コットン50%ポリエステル

 

 

 


f:id:hanakichi116:20240202010726j:image

 

 

こちらはレアカラーボディ
f:id:hanakichi116:20240202010746j:image

 


f:id:hanakichi116:20240202010720j:image

生地配合率

50%コットン50%ポリエステル

 


f:id:hanakichi116:20240202010733j:image

 

 

番外編①

f:id:hanakichi116:20240202011116j:image

WPL7232からラッセルアスレチック社のビンテージスウェットと判明。

 

デッドストックでないと分からなかった個体。

 

当時から『鷹』マークは存在していました。
f:id:hanakichi116:20240202011110j:image

 


f:id:hanakichi116:20240202011103j:image

 

f:id:hanakichi116:20240202011417j:image

 


f:id:hanakichi116:20240202011409j:image

生地配合率

50%コットン50%ポリエステル

 

配合率から金タグ期からトリコプリントタグ期頃かと思われます。

 

どうして敢えてタグを変えたのか不明の個体です。

 


f:id:hanakichi116:20240202011425j:image

 

たまに出てきます。

 

ここまで詳しくラッセルアスレチックのスウェットに絞りタグを考察したのは初めてではないでしょうか。

 

未確定な部分もありますが今のところはこんな感じです。

 

ご参考になれば幸いです。