VINTAGE CLOTHES BLOG

~ヴィンテージを気ままにご紹介するブログ~

87 第1回 徹底比較シリーズ 新発見!? リーバイス 505 ビッグE デカ文字 比較

リーバイス505ビッグE デカ文字 赤耳オリジナル2枚を所有しているので比較してみました。

 

f:id:hanakichi116:20180623230000j:image

紙パッチ

共に硬化して無くなってしまう紙パッチですが、まだ残っています。

これと言った違いはありません。

f:id:hanakichi116:20180623232903j:image

トップボタン裏

「無刻印」と「8」です。

無刻印の方が黄色い糸を沢山使用しています。

 

黄色い糸使用箇所

裾のチェーンステッチ、ジッパー裏全て、ベルトループ全て、コインポケット、コインポケット裏のチェーンステッチ

 

8の黄色い糸は所々程度で残りはオレンジ色の糸を使用していました。

 

トップボタン裏  無刻印

f:id:hanakichi116:20180623225305j:image

f:id:hanakichi116:20180623225346j:image

トップボタン裏  8

f:id:hanakichi116:20180623225450j:image

f:id:hanakichi116:20180623225518j:image

色合い

共にドス黒い紺色といった色合いです。違いはありません。

ちなみに、リーバイス501XX紙パッチギャラ入オリジナルと色合いが全く一緒(トップボタン裏無刻印の方)なので色落ちに関してこのタイプは期待できます。

f:id:hanakichi116:20180623230210j:image

アーキュエイトステッチ

個々に個性があり、この当時はそこまでの統一化はされていなく、ステッチの形に自由さを感じます。

これ以降はある程度の統一化がされて味わい深いものは無くなっていきます。

f:id:hanakichi116:20180623230316j:image

赤タブ

ビッグEです。

1960年代後半頃製造だと思います。

不均等Vです。

違いはありません。

f:id:hanakichi116:20180623230430j:image

トップボタン

リーバイス505はトップボタンが銅色が特徴です。

特に違いはありません。

f:id:hanakichi116:20180623230756j:image

赤耳

裾のチェーンステッチの色が違う。

 

リーバイス505ビッグEのデカ文字赤耳まで一緒ですが、アーキュエイトステッチの形とトップボタン裏が「無刻印」と「8」で違いました。無刻印の方は黄色い糸使用箇所、使用量がダントツ多かった。

 

推測

60年代のリーバイス501や505の中に時々、トップボタン裏が無刻印でボタンフライ裏(トップボタン以下のボタン)に16番の刻印があると見聞きします。推測ですが、もしかするとトップボタン裏が無刻印のリーバイスはトップボタン裏が16の工場と一緒ではないかと思っています。

※501XX期の無刻印は対象外

実際に今回のリーバイス505ビッグEのトップボタン裏無刻印は黄色い糸を沢山使用し、501XX紙パッチギャラ入期と色合いが全く一緒です。

世の中にどこにもそんな事は書いていませんが勝手にそう思い、これからもリーバイスを探っていきます。