VINTAGE CLOTHES BLOG

~ヴィンテージを気ままにご紹介するブログ~

769 SPECIAL VINTAGE LEVI'S 501-501 Wネーム 60's

久しぶりにリーバイス501ダブルネームを見つけました。

 

501のダブルネームをご紹介するのはこちらを合わせて3つ目です。

 

いかに貴重でいかに出てこないかが窺えます。

 

トップボタン裏はこれまで『J』と『E』の2種類をご紹介してきました。

 

そして今回のトップボタン裏は『J』でした。

 

本音を言うと『W』や『K』をご紹介したかったのですがそれはまた次の機会にとっておきます。

 

紙パッチのWネームもまだハッキリと確認出来ます。

 

マニアックな話ですが、トップボタン裏Jのダブルネームは『WPL 423』が紙パッチの左側に印刷されています。

※過去の501ダブルネーム徹底比較に詳細をご紹介していますのでよろしければそちらもご覧下さい。

f:id:hanakichi116:20200826231712j:image

 

紙パッチ全体写真。

 

f:id:hanakichi116:20200826231613j:image

 

濃紺のダブルネームはテンションが上がります。
f:id:hanakichi116:20200826231521j:image

 

綺麗にヒゲが入っています。
f:id:hanakichi116:20200826231530j:image

 

もっと拡大してみると分かりますが、明らかにビッグE期の色落ちの仕方では無く501XX期の色落ちの仕方とわかります。

また、色もドス黒く感じます。
f:id:hanakichi116:20200826231601j:image

 

セルビッチ(赤耳)の赤色がまだ若干ですが確認出来ます。

まさに状態が良い証拠です。

また、チェーンステッチも当時のイエローステッチ(綿糸)です。
f:id:hanakichi116:20200826231631j:image

 

後ろ姿ももちろん濃紺です。
f:id:hanakichi116:20200826231608j:image

 

アーキュエイトステッチは幅広のイエローステッチ。


f:id:hanakichi116:20200826231508j:image

 

赤タブはクルッと丸くなるレーヨン生地を使用したタイプで『V』は不均等です。

 

※もう一つ所有している501ダブルネームは均等V。

 


f:id:hanakichi116:20200826231556j:image

 

裏返した後ろ姿。

一切リペアなし。
f:id:hanakichi116:20200826231504j:image

 

裏返したフロント。

こちらも一切リペアなし。
f:id:hanakichi116:20200826231635j:image

 

トップボタン裏『J』。

 

501 ダブルネームトップボタン裏は『J』と『E』と『W』と『K』の4種類あり、それぞれに特徴があります。

 

また、入手出来ればご紹介したいと思います。

 

Vステッチの腰上部シングルステッチ仕様です。

 

改めてビッグE期の後期には無いドス黒いインディゴです。
f:id:hanakichi116:20200826231627j:image

 

トップボタンも中心が盛り上がったタイプ。f:id:hanakichi116:20200826231539j:image

 

W42なのでボタンは6つ。
f:id:hanakichi116:20200826231526j:image

 

トップボタン以下全て足長『R』。
f:id:hanakichi116:20200826231622j:image

 

ボタンホールも解れ無い状態です。
f:id:hanakichi116:20200826231517j:image

 

トップボタン裏『J』の特徴としてダブルネームでもズレカンヌキでは無いです。

ちなみにトップボタン裏『E』はカンヌキがズレていました。
f:id:hanakichi116:20200826231536j:image

 

コインポケット裏は嬉しい赤耳。
f:id:hanakichi116:20200826231543j:image

 


f:id:hanakichi116:20200826231605j:image

 


f:id:hanakichi116:20200826231618j:image

 

 

裾のアタリが非常に美しいです。

このアタリの出方も501XXと同様です。
f:id:hanakichi116:20200826231551j:image

 

生地感だけはどうしても写真では伝えることがが出来ないので難しいですが、501ダブルネームトップボタン裏『J』は501XXの生地感と限り無く近いと断定できます。

裏地のザラついた感じがほぼ同じです。

 

ただし、オリジナルの55モデルや47モデルになってくるとさらにザラついたしっかりとした生地感になのであくまでも55モデル以降の501XXタイプと比較してと言うことになります。

 

近いうちに徹底比較シリーズで501ダブルネームトップボタン裏『J』をしたいと思います。